FC2ブログ

花と蝶 9/4 その3

ラストです

 今度はWikiより引用
モンキアゲハ(紋黄揚羽、 Papilio helenus)は、チョウ目アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。日本最大級のチョウで、後翅に黄白色の大きな斑紋があるのが特徴である。
成虫は前翅長60 - 75mm、開張110 - 140mmほどで、日本に分布するチョウとしてはオオゴマダラやナガサキアゲハと並ぶ最大級の種類である。夏型は春型に比べて大型になる。
翅は大きくて幅広く、後翅には尾状突起がある。色は全体的に黒いが、後翅には和名通り大きな黄白色紋があり、黒色系のアゲハチョウ類の中では比較的簡単に他種と区別できる。この斑紋は羽化したばかりの時はほぼ白いが、日数が経つにつれて黄色みを帯び、標本などでは黄色に近くなる。
また、黄白色斑の周辺には小さな三日月状の赤い斑紋が並ぶ。メスはオスに比べてこの赤斑が大きい。また、南に行くほど配色はより鮮やかになる。


e0403850_16174859.jpg




e0403850_16174857.jpg




e0403850_16193596.jpg




e0403850_16193590.jpg




e0403850_16193628.jpg




e0403850_16194342.jpg




e0403850_16194455.jpg




e0403850_16194459.jpg

 他のも撮ってます

関連記事

0Comments