FC2ブログ

カタクリにギフチョウ

先ずは万葉集から大伴家持の歌
「もののふの 八十娘子(やそをとめ)らが 汲くみまがふ  寺井(てらゐ)の上の 堅香子(かたかご)の花」

現代語訳 おおぜいのおとめたちが、入り乱れて水を汲む、寺井のほとりの、かたくりの花よ。

(泉のほとりへ乙女たちが集まってきます。そのかたわらにカタクリの花が咲き乱れて何と美しいことよ)

もののふ=「八十」の枕詞、「寺井」寺の井戸?地名かも?、「かたかご」はカタクリのこと、
746年頃、越中守として赴任していた家持が現在の富山県高岡市あたりで詠み上げた歌とされています
カタクリにギフチョウ
カタクリにギフチョウ_e0403850_15482372.jpg



ギフチョウが乙女のようです
カタクリにギフチョウ_e0403850_15482799.jpg



カタクリにギフチョウ_e0403850_15483112.jpg


カタクリ

カタクリにギフチョウ_e0403850_03345270.jpg




カタクリにギフチョウ_e0403850_06084515.jpg
カタクリは早春に咲く花で、若葉が繁る頃には花だけではなく葉も消えてなくなる儚い花です
カタクリを愛でる日本人の感性は千数百年前から変わりませんなあ

おまけ

ミヤマホオジロ
名前に深山(ミヤマ)と付いていますが平地林や公園にいます
カタクリにギフチョウ_e0403850_15490337.jpg




ギフチョウを撮った場所のすぐ近くで撮りました
カタクリにギフチョウ_e0403850_15490708.jpg


冬鳥ですが当地ではもうしばらく居ます
カタクリにギフチョウ_e0403850_15491170.jpg


ヤブツバキ
新機軸写真です象(*´∀`*)
カタクリにギフチョウ_e0403850_15485320.jpg

「カタクリにギフチョウ」の写真はこれからが本番です
背景に空を入れたり、カタクリの花の上を飛ぶギフチョウや誰かさん(謎)風味のホンワカ写真が撮りたいと思っています

カタクリにギフチョウ_e0403850_13582569.jpg



カタクリにギフチョウ_e0403850_20415766.jpg

関連記事


にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ


0Comments